お酒女子

胎児アルコール症候群(FAS)の予防と治療

胎児アルコール症候群の予防と治療について、アメリカのブログがわかりやすかったのでシェアします。

ちょっとでも伝わりやすいよう、修正を加えています。いわゆる編集というやつです。

しかし、私も彼もドクターではありません。

ここで書かれていることについて、完全に責任を背負える立場ではないことをご了承ください。

あくまでも参考として、読んでくださいね。

ではいきます!

妊娠中や妊娠を希望している場合、CDC(アメリカ疾病管理予防センター)とアメリカの医療関係者は、飲酒の中止をおすすめしています

ハッキリ言ってどのくらいの量のアルコールが安全じゃないのか、正確には分かりません。

どのくらいの量のアルコールが危険かは科学的には証明されていないからです(個人により状況が異なるのでなかなか証明が難しい)。

なので、CDCではアルコール摂取を<完全に>控えることを推奨しています

数多くの医療研究で確実にわかっていることは、無理な飲酒や大量の飲酒は妊娠中には有害であるということです。

アメリカの子どもの2~7%は、妊娠中の飲酒により軽度の認知障害に苦しんでいると考えられています。

これはつまり、子供が1,000人いたら、2~7人の子供に影響を与えていることになります。

 

胎児アルコール症候群(FAS)とは何ですか?

胎児アルコール症候群(FAS)は、妊娠中の母親が大量にアルコールを飲んだために子供の身体および精神に障害を引き起こす、生涯にわたる先天性症候群です。

顔に特徴が表れたり、発育不全だったり、中枢神経障害だったりするのが特徴です。

症候群の子供は、学習力や記憶力、注意力、問題解決力、会話、聞き取りにおいてしばしば困難を抱えます。

そのため、学校や生活で、人とのコミュニケーションで問題を抱えることがあります。

 

胎児アルコール症候群は、アルコールを飲まなければ100%予防できます!

胎児アルコール症候群に治療法はありません

しかし、かかりつけ医が子供のことを胎児アルコール症候群と分かっている場合、二次的な症状の軽減や予防策について知っているかもしれません。

 

胎児アルコール症候群を改善する薬や治療はありますか?

胎児アルコール症候群を改善する薬や治療は今のところありません。

しかし、早期介入治療サービスでは、様々な二次的症状を予防することができます

それら治療サービスの中には、薬を使うものも含まれます。

また、症状や行動、教育療法、親への指導、およびその他の代替アプローチのサポートを行います。

もちろんすべての子供に100%有効な治療法はありません。

良い治療計画には、必要に応じて、密な観察、フォローアップ、および計画の見直しが含まれます。

胎児アルコールスペクトル障害の子供のための、より有益な保護要因は下記です。

  • 6歳になる前の診断
  • 学生時代に、愛情深い安定した家庭環境で育つこと
  • 積極的に、かつ早期の段階で特別教育や社会サービスへの介入を計画すること
  • 子供時代に暴力を経験しないこと

 

より良い成果を得るための早期診断や教育、社会サービス

早期診断を受けた子供は、早期診断を受けていない子供よりもポジティブな結果が得られます。

胎児アルコール症候群に関連する症状の重症度は様々です。

それぞれの子供の状況に合ったに個別の治療計画が必要です。

早期診断を受けることで、家族や教師など周りの人が子供の反応や行動を理解するのに役立ちます

早期の段階で、適切な教育クラスに胎児アルコール症候群の子供を配置し、必要な社会サービスを提供すればするほど、改善が期待できます。

研究によると、それぞれのニーズに合った特別な教育を受けている胎児アルコール症候群の子供は、発達が高まる可能性を秘めています。

また、胎児アルコール症候群の子供やその家族が、社会サービスを受ける場合にも役立ちます。

社会サービスとは、授乳看護、ストレス管理訓練、行動管理訓練などです。

社会サービスを受けている家族は、そうでない人よりも肯定的な気持ちで日常を過ごせる結果があります。

 

安定した子育て環境

愛情豊かで安定した家庭生活で育ったすべての子供たちはその恩恵を受けます。

しかし、胎児性アルコール症候群の子供は、家庭の崩壊や、はかない幸せな生活、その他害のある空間に対して敏感です

胎児性アルコール症候群に関連する二次的な症状を防ぐために、胎児アルコール症候群の子供は、温かい家族や地域社会からの支援が必要です。

 

暴力のない生活

胎児アルコール症候群の子供にとって、暴力は後々、大きな影響を与えうります

例えば法律面や、生活面に関わることです。

もし家庭内で暴力があれば、いじめなど学校での暴力に繋がる可能性があります。

その暴力が子供に向かってのものであるかそうでないかは関係ありません。

研究によると、症候群のある子供は、みんな非虐待的な家庭に住んでいました。

本来であれば二次的な症状を発症する可能性ははるかに低かったです。

これは、シンドロームを患っている若者の暴力に巻き込まれている子供にも当てはまります。

学校や近所など、あらゆる形態の暴力にさらされている子供たちは、生活の中でさらなる問題を抱える可能性が非常に高いです。

-お酒女子
-, ,

Copyright© 二日酔いの教科書 , 2020 All Rights Reserved.

まだウコンの〇〇飲んでるの?
WEB限定の二日酔い対策サプリ
まだウコンの〇〇飲んでるの?
WEB限定の二日酔い対策サプリ