お酒女子

胎児アルコール症候群(FAS)に関連する二次的症状のご紹介

アメリカのブログを参考に記事を書きました。

胎児アルコール症候群(以下,FAS)の二次的症状とはどんなものか、説明しています。

FASには高い確率で二次的症状が付随してくるものですよ〜というのを知るきっかけになれば幸いです

また、お断りですが、我々はドクターではありません。

一生懸命調査しましたが、ここでの話を100%鵜呑みにせず、参考として読んでいただければと思います。

では、始めます。

 

胎児アルコール症候群の二次的症状とは?

FASの子供は、二次的症状を発症する可能性が高いです。

二次的症状はもはや、FASの延長線上にあると言っても過言ではありません

かし残念ながら、FASであるということは、様々な二次的弊害をもたらすことを意味します。

もし子供がFASなら、あとで紹介する二次的症状の例を見て驚くかもしれません。

でもご安心を!

子供と家族が適切な治療を受けることで、多くの二次的症状は改善や予防ができます

まずは自分がどのような状態を認識するかによって、FASの子供や大人に対し、早急なサポートが可能になります。

では早速、FASの二次的症状にはどんなものがあるかみていきます。

 

メンタルヘルスの問題

FASの子供は、認知障害や精神障害、心理生涯などメンタル的な問題を起こすリスクが高いです

以下、メンタル的な問題の例です。

  • 認知障害
  • 精神障害
  • 注意欠陥/多動性障害(ADHD)
  • 行為障害
  • アルコールおよび薬物依存
  • うつ病
  • 精神病エピソード

これら以外にも、不安障害、摂食障害、外傷後ストレス障害(PTSD)を発症することもあります。

 

教育現場で苦労する

すべての子供にとって、良い教育を受けることは重要です。

FASの子供は他人と付き合うことが難しく、教師との関係がどこか貧弱で、学校を休みがちです。

そのため、学校に馴染めなかったり、やめてしまったりすることがあります。

しかも、せっかくFAS学生が学校へ通っていても、学校の対応や周囲の気遣いが十分なものだとは限りません

例えば、学校にはFAS学生に対応できる十分な財源がない可能性があります。

また、支援スタッフはFAS学生への注意の向け方や問題行動に対する適切な対処方法を受けていない可能性があります。

 

10代若者の法的トラブル

統計によると、FASの10代の若者は、FASでない10代の若者よりも、警察や法機関との接触がはるかに多いとのことです

疾病対策予防センター(CDC)によると、FASの子供たちは、怒りや欲求不満など、感情を管理することが苦手です。

また、他人の行動の動機を理解することも苦手です。

そのためつい、法律に触れる行為をしがちです。

アメリカの多くの警察官は、FAS関連の事件を把握していませんし、また、FAS関連の事件を減らすよう、訓練を受けているわけでもありません。

さらに、とても残念な話ですが、子供が傷ついても構わないと思っている大人がいます。

彼ら(彼女ら)は、FASの子供をいとも簡単に利用します。

FAS患者の中には、自分が何をしているのかを理解することなく、違法行為に参加してしまうことがあるのもこれまた事実です。

 

不適切な性行動

研究者らは、FASの人は不適切な性行為をする可能性が高い!と報告しています

特に、暴力を受けたり、親の間で暴力のある家庭で育ったFASの子供は、不適切な性行為をしてしまう可能性がさらに高まります。

 

FAS患者のアルコールと薬物の問題

いくつかの研究では、FAS患者の3分の1がアルコールや薬物の問題を発症することを示しています。

さらにその3分の1以上が(最終的に)薬物乱用による入院治療を必要としています。

これは問題です。

FASの子供の多くは、アルコール依存症や薬物依存症の子供であることは少なくありません

 

雇用や働きに関する問題

FASの成人は、その障害や二次的症状のため、 仕事を見つけるのが難しいです

これも悲しき現実です。

 

子育ての問題

FAS患者は、判断や衝動を制御する能力(理性)が欠如しています。

そのため、望まない妊娠をしてしまい、親になる可能性が高いです。

また、アルコールに依存しているFAS患者もいます。

その結果、FAS・第2世代の子供たちが生まれてくるリスクがあります。

FASの親とFASの子供という形ですね。

FASの成人が適切な育児スキルを学ぶ機会が少ないのもまた現実です。

FAS子育ても、世の中にとっての課題です

 

二次的症状を防止するために早期診断を受けよう!

FASの子供すべてがこれらの二次的な状態を呈するわけではありません。

CDCは、「早期診断と実施が、これらのFAS二次的条件の発達を軽減または防止することができる」と述べています。

FASの人やその周りの人が直面する可能性のある状況を理解し、そのリスクを軽減する方法を学ぶことは、あなた自身を助けます

-お酒女子
-, ,

Copyright© 二日酔いの教科書 , 2020 All Rights Reserved.

まだウコンの〇〇飲んでるの?
WEB限定の二日酔い対策サプリ
まだウコンの〇〇飲んでるの?
WEB限定の二日酔い対策サプリ