酒酔い

女性の方が男性よりもお酒が弱い2つの理由

お酒を飲む女性が増えています。

その理由は様々です。

よく言われるのは、お酒に誘われる機会が増えたから~とか、ストレス解消のため~とかですね。

一般的にお酒は、男性よりも女性の方が弱いです

こんなことを言うと女性を叩くのがフェミニストが発狂しそうです。

でも今回は、女性差別のお話ではありません。

あくまでも一般論です。

女性の方が、男性よりもお酒が弱い理由としては

  1. 体格が違うから
  2. 女性ホルモンによるもの

と、2つの体質的な理由が挙げられます。

今回はこの話題を掘り下げます。

 

1.体格が違う

男女の体格の違いってところどころにありますよね。

ハゲやすいとかおっぱいがあるとか。

男性の方が、女性よりも体重が重い傾向にあります。

これはつまり、体重が軽い女性の方が、男性よりも体内の血液量が少ないことを意味します。

そうなると、たとえ男性と同じ量だけお酒を飲んだとしても、女性の方が血中のアルコール濃度は高くなります。(女性の方が血液量が少ないから)

そのため、女性の方が酔いやすいです。

 

同じ体重でも女性の方が酔いやすいことが多い

先ほどは「お酒の量が同じ」という例でした。

実は、同じ体重でも女性の方が酔いやすい傾向にあります

それは、女性の方が脂肪が多いから。

脂肪は、アルコール分解に役立たずです。

そのため、同じ体重なら女性の方が酔いやすいです。

 

2.女性ホルモンによるもの

女性ホルモン・エストロゲンは、肝臓のアルコール代謝を遅くします

なので、体内にエストロゲンが増える生理前は、酔いやすい体質になっています。

肝臓がアルコールをなかなか分解できず、体内にアルコールが残ってしまうからです。

 

お酒が強くなったのはエストロゲンが理由かも

顔が赤くなる理由の記事にある通り、お酒の強い弱いは遺伝で決まっています。

基本的にはお酒が強くなることはありません。

でも稀に、人生の途中からお酒が強くなった!という人がいます。

これは、体内のエストロゲンが減ってきているからだと言われています。

30歳を過ぎたあたり、とか閉経後に、とかのタイミングで強くなる人が目立ちます。

エストロゲンが関係しているかもしれませんね。

 

最後に

一般的には、女性の方がお酒が弱い傾向にあります。

でもその一方、「私全然酔わないんだ~」という女性にも出くわします。

ま、色々ですね。

-酒酔い
-, ,

Copyright© 二日酔いの教科書 , 2020 All Rights Reserved.

まだウコンの〇〇飲んでるの?
WEB限定の二日酔い対策サプリ
まだウコンの〇〇飲んでるの?
WEB限定の二日酔い対策サプリ