酒酔い

お酒を飲んで頭痛になる理由は血管の拡張。予防や対策は?個人的にはレバウルフが最高!

今回は、「お酒を飲んだら頭が痛くなっちゃう~」という人への記事です。

頭が痛くなる理由とはタイトルの通り、血管が拡張するからということが多いです。

他にも理由があるので、みていきましょう!

 

お酒を飲んだことによる頭痛の種類は2種類

お酒を飲んで、頭痛になるパターンは大きく分けて下の2種類です。

  1. お酒が弱い人
  2. お酒を飲み過ぎた人(二日酔い)

どちらのパターンでも、頭痛になります。

そして、そのメカニズムは似ています。

これは結構大切なお話です。覚えておいて損はないでしょう。

お酒を飲むことで頭痛になるメカニズム

  1. お酒を飲むことで、何らかの原因で血管が拡張する
  2. 拡張した血管が神経を押さえつけてしまう
  3. 頭痛になる

メカニズム1.の「何らかの原因」という部分は、お酒が弱い人(aパターン)とお酒を飲み過ぎた人(bパターン)で変わってきます。

この何らかの原因という部分とは何か?もう少し掘り下げます。

 

お酒による頭痛の原因

お酒を飲んだことで頭痛になる原因は、お酒が弱い人とお酒を飲み過ぎた人で違っています。

Check It Out!!

 

a.お酒が弱い人が頭痛になるわけ

お酒が弱い人の体の特徴は、アルコールを排除しようとする働きが強いことです。

お酒を飲むと「うわ!アルコールや!どっか行け!」となる感じです。

お酒が強い人の体ではこの反応があまり起こりません。

お酒が弱い人はこの反応が顕著です。

「うわ!どっかいけ!」というアルコールを排除行動により、血管が拡張していきます

血管が拡張したらどうなるかわかりますよね?

先ほどのお話です。

神経を圧迫し、頭痛になってしまいます。

 

b.お酒を飲み過ぎた人(二日酔い)が頭痛になるわけ

お酒を飲み過ぎて頭が痛くなるのには、アセトアルデヒドがキーになっています。

アセトアルデヒドとは

・得意な刺激臭を持つ無色の液体。by三省堂大辞林

・悪い奴。例えば「自動車の排気やたばこの煙、合板の接着剤などに由来する大気汚染物質」「二日酔いを引き起こす物質」

体内にお酒が入ると、肝臓でアルコール分解のはたらきが起こります。

アルコールを分解することで、体内にアセトアルデヒドが発生します。

このアセトアルデヒドには、血管を拡張させる作用があります

ここからはいつものパターンです。

拡張した血管は神経を圧迫します。その結果、頭痛になります。

 

お酒による頭痛を予防しよう

お酒による頭痛は、気をつけていれば避けることができます。

ここでは、お酒による頭痛の予防法を見ていきます。

もちろん、aパターンbパターン両方の人に言える話です。

頑張って予防しましょう。

 

お酒を飲む量をコントロールする

頭痛を引き起こさないために、体内にアルコールをたくさん入れないというのは重要なことです。

そのための、努力をしましょう。

例えば

  • トイレに行き、(小便や便をし)なるべく早く体からお酒を出す
  • お酒と一緒に水を飲む

ということができます。

 

空腹を避けてからお酒を飲む

空腹の時にお酒を飲むと、アルコールの刺激がそのまま胃腸を刺激してしまいます

また、血中アルコール濃度が高くなってしまいます。これにより、お酒が回るのが早くなります。

結果、血管が拡張しやすくなり、頭痛を招きます

飲みに行く前に、かる~く食べておくだけでも全然結果が違います。

空腹を避けてからお酒を飲むようにしましょう。

 

お酒で頭が痛くなったときの対策

頭が痛くなっても大丈夫。ちゃんと対応できます。

頭が痛くなったら、水を飲むか寝るかという人が多いようですが、もっと色んな対応があります。

自分に合った対応法を学びましょう。

おすすめは「二日酔いの対策法」という二日酔い対策のドリンクです。

これはやばいのでチェックしてください。

 

 

では、対応方法を見て行きます。

水分を取る

ミネラル

水を飲むことで、アルコールの排出を助けたり、体内のアルコール濃度の高まりを防いだりできます

これにより、体の中にあるアルコールを(相対的に)減らすことが可能です。

その結果、頭痛を緩和できます。

 

緑茶やコーヒーもGood!!

コーヒー

頭が痛くなったときの助けになるのは水だけに留まりません。

緑茶やコーヒーなど、カフェインが含まれているものも有効です。

というのもカフェインには、血管を収縮させる効果があります。

お酒によって膨らんでしまった血管を、縮ませてくれます。

 

冷やす

タオル

お酒を飲んで膨らんでしまった血管を縮小させるために、冷やしてあげましょう

濡らした冷たいタオルで、痛む部分を冷やすと良いです。

お酒を飲んで、「頭が痛い」と困っている男性を発見した場合には、ハンカチを濡らして「頭に当ててなさい」と言って渡すことでラブラブになれることでしょう。

なんちゃって。

 

しじみの味噌汁を飲む

しじみ汁

しじみには肝臓の働きを助けてくれる必須アミノ酸が含まれています

必須アミノ酸は良い奴です。

悪敵・アセトアルデヒドをどんどん分解してくれます。

その結果、頭痛を緩和してくれます。

 

太衝(たいしょう)を刺激する

太衝

太衝は足の親指と人差し指の骨の間にあるツボです。

このツボを刺激してあげることで、肝臓の働きが活発になります。

アセトアルデヒドの分解を早めてくれます。

 

ドリンク剤を飲む

頭痛の人はドリンク剤を飲むのもありです。

例えばウコンの力。

ウコンの力は、「飲み会前に飲んだ方が良いよ~」とされています。私もそう思います。

でも、頭痛になってから飲むのもまた良しです。

ウコンの力には肝臓を保護する作用のある成分が含まれています、

二日酔いの頭痛への効果が期待できます。

とはいえやっぱり、ウコンの力は飲み会前に飲みましょう。

 

二日酔いの対策法がめっちゃ良い!

 

二日酔いの対策法はご存知ですか?

これがめちゃめちゃ良かったです

お酒を飲んだ後の頭痛対策と言えば、血管を縮小したり、アセトアルデヒドを分解したりするものがほとんどです。

でも二日酔いの対策法は違います。

なんと、お酒を飲まなかったことにしてくれます

(すいません、言い過ぎました。でも、それほどまでにすごい回復力を感じられました)

二日酔いの対策法には、アルコール分開酵素の働きを活発にするイオン化ミネラルが含まれています。

これにより、アルコールを分解する効果が期待できます。

「頭痛、消えるやん!」「二日酔いにならない」などの口コミがある、今話題のアイテムです。

これは本当に良いです。是非とも一度お試しを!

 

 

 

まとめ

お酒を飲む人が頭痛になる理由と予防策・対応策を見ていきました。

頭痛にならないようにうまいことコントロールできたら良いですが、なかなか難しいですよね。

ちょっとでもしんどさを和らげるよう、寝る前に色々と試して見てください。

二日酔いの対策法はヤバいです。

一度お試しくださいませ^^

-酒酔い
-, ,

Copyright© 二日酔いの教科書 , 2020 All Rights Reserved.

まだウコンの〇〇飲んでるの?
WEB限定の二日酔い対策サプリ
まだウコンの〇〇飲んでるの?
WEB限定の二日酔い対策サプリ